勉強中に眠くならない為の準備と環境作り

◆勉強中に眠くならない為の準備と環境作り

眠いまま、ストレス状態のまま勉強をする事は非効率です!

忙しい現代人にとっては、英語の勉強ならずとも、
何かの資格を習得したり将来のための勉強をしようと思うと、
仕事が終わった後の時間を使わざるを得ません。

そんな、仕事で疲れきった状態の頭と体を奮起させて、
根性で頑張らなければいけない...
これはなかなか大変なものですよね(^_^;)

しかし、やはり仕事の疲れやストレスを抱えたままでは、
なかなか能率が上がらないというのも事実です。


できる限り、

「眠くならない」ように「ストレスが緩和されるように」

という努力をする必要があると思います。

私は以前に、とてつもないワーキングプアー状態を経験した事があり、
ひどいときは朝6時に出社して食事・休憩無しで夜中の2時に帰宅。
それでも仕事は終わらずまた次の日に持ち越し...という事もある仕事をしていました。

どうすればこの劣悪な状態から勉強時間を作る事ができるか...?
という事を真剣に考えて悩んでいましたので、
下にお伝えする方法は、私が実体験によって、
効果があると思って継続していた方法です。

・眠くなるほどの食事をとらない(腹6~7分目。お腹いっぱい食べたいならフルーツをメインに)
・眠いときはそのまま無理して勉強せず、30分程度の仮眠を取る
・冬場は部屋の温度を上げすぎない
・コーヒー、緑茶などでカフェインを摂る
・アロマテラピーをする
・クラシックやイージーリスニングなどのリラクゼーション音楽を聴く

最重要なのは最初ふたつ「食事」と「仮眠」ですね。

つらい仕事の後に食事まで制限されていては、
精神的にたまったものではありませんが、
それでも食事の後に、将来のための勉強をしようと思うなら、
お腹がいっぱいで眠気が来るような食べ方は絶対にいけません。

どうしても量を食べたいという場合には、
消化負担の軽いフルーツをメインの食事にします。

(ちなみに私は、残業時間や休日出勤の割合がひどいときは、
ほぼフルーツのみにしていました。)

焼肉やカツ丼を食べた後と、フルーツを食べた後では、
お腹のもたれ具合や、食後に感じる眠気が全く違うだろうという事は、
みなさんも人生経験で容易にお分かりいただけると思います(笑)

次に「仮眠」ですが、これは30分~50分が理想で、
1時間以上になると逆に疲れが出てしまいます。

仮眠の習慣が無い方にとっては、
「クタクタの状態から30分程度寝ても疲れはとれないよ...」
と思われるかもしれませんが、
勉強の為には肉体の疲れは残っていてもあまり関係ありません。

「頭の疲れをとる事」は、30分の睡眠でも、
非常に大きな効果がありますので、ぜひ試してみてください。


少なくとも、眠くて半分うたた寝のような状態で勉強を続けるより、
確実に効果があります。

以下に続いているものについては、
どれかひとつでシャキっと効果を実感できるわけではありませんが、
複合的に取り入れていく事で、効果はあるものと思います。

どれも面倒なものではありませんので、
ぜひ取り入れてみてください。

私は最近、集中力をアップする効果のある音楽
というものに興味を持っていて、
そういったCDや音声ファイルなどをよく購入しています。

数年前には、
モーツァルトの音楽を聴くと集中力がアップする・頭が良くなる
という事が取り上げられて有名になりましたし、
脳科学者の苫米地英人さんの本でも、
そういったCDがセットになっているものが多いですね。

(ちなみに苫米地英人さんが大好きな私はそれらを全部持っていますし、
最近出た英語は逆から学べ!英単語編の本も買いました。またレビューします。) 

ロックを聴くと高揚感が湧きますし、
落ちついたクラシック音楽を聴くと、心が落ち着きますよね。

音楽が人間の脳や心理に直接的な影響を及ぼしているのは、
間違いない事実ですので、これらを上手に利用する事も、
勉強効率アップのためには検討すべきだと思います。

最近購入したもので面白かったのは、

聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」

という、音声ファイルですね。

どうすれば高いモチベーションを維持できるか?
という7日の動画セミナーもセットになっていながら、
ネット販売ならではのリーズナブルな価格ですので、
「もっと集中力をアップしたい!」と思う方は、
こちらもぜひ取り入れてみてください。

ちなみにこの「脳内アップデート」の音声は、
信号音?のような感じのものがメインになっていて、
メロディー感はほどんどありませんので、
スピードラーニングやロゼッタストーンと同時に聴いていても、
邪魔になりません。

「クラシック音楽が脳の活性化に良いと言われても、
聴きながら勉強していると、そっちに気を奪われて集中できない。」

というタイプの方もいると思いますので、
そういう方はぜひ、脳内アップデートを試してみてください。

未来を明るいものにするためには努力をしなければならない
しかし、日々の仕事も大変でなかなか時間が作れない...
かと言って、それに飲み込まれてしまえばいつまでも現状から抜け出せない...

ホント、現代社会で生きて行くという事はいろいろ大変ですね(笑)

限られた時間を有効に使おうと思えば、
「効率アップ」を突き詰めて考えていく事は非常に大切です。

まずはできる事から改善し、
良いと思われるものはどんどん取り入れていきましょう!