品詞の意味を理解する事の大切さ

◆品詞の意味を理解する事の大切さ

こんにちは!管理人のEIJIです(*^_^*)

みなさんの中にも、英文法の基礎から勉強をしてく過程で、

「基礎の基礎からの英文法の解説書を使っているのに、どうしても理解できないポイントが出てきて、勉強が行き詰まってしまう...」

という経験をされている方も多いのではないか?と思います。

私自身ももちろんこういった事を何度も経験しており、

「超わかりやすい英文法の解説書!」
「中学レベルからのやり直し英文法」

というような初歩の初歩のような名目の英語教材を買って、読んでみては意味がわからないので、また別の初歩の初歩の教材を買ってみると、そこでもやっぱり意味がわからなくて行き詰まる...という状態になっていましたので、部屋には「英文法の初歩」系の本が、5冊くらいある状態です。もちろん、どれも最後まで読めていませんでした(笑)

「初歩の初歩のものなのに、なぜ自分には理解できないのだろう...やっぱ自分は頭が悪いんだなぁ...」

ひとつの教材での勉強法に挫折するたびに、そう思っていました。

しかし!最近になってついに、

「初歩の初歩の英文法すら理解できない」 という事の理由に気づきました。


それは何かといえば、

「そもそも、英文法の教材で使われている日本語の意味が理解できていない」

という事でした。

例えば下記のような英文法の解説文があったとします。

--------------------------------------------------------------------

「同じリンゴ apple を表す場合におても、それが特定のものと決まっているのか?いないのか?という事によって、冠詞を、定冠詞とするか、不定冠詞とするかが変わってきます。」

つまり、

不特定の りんご というものについて話しているのなら a  で、
特定のりんご (今の話(文)の中で指されている、特定のりんご。)  なら the を付ける。

という事になります。

--------------------------------------------------------------------

このような解説文があった場合、

「なるほど a  は不定冠詞で the  は定冠詞というのか...。」

という事がこの時点ではわかるかもしれません。

しかし、結局のところ 不定冠詞、定冠詞 という、この小難しい日本語表現の意味までをしっかりと理解できていなければ、今、なんとなく単語でも覚えるようにそれを「覚えている」だけで、頭の中で納得して「理解できている」状態ではありませんから、次回に出てきたときには、忘れてしまっているかもしれませんし、理解しているわけではありませんから、応用もきかない...という事になります。

この例だと、

「この場合は、前のレッスンでご説明したように、特定のイチゴか?そうでないイチゴなのか?というのがわかってしまっている訳ですから、冠詞は定冠詞となるのが正解なわけです。そうなれば、 Strawberry の前に何が来るのか?はわかりますよね~!簡単ですよね!」

というような言い回しでの解説文が出てきた際に、

「あれ、定冠詞って何だっけ?そもそも、冠詞ってどういう意味だっけ...?」

という事になってしまいます。

つまり 品詞の意味 を理解する事をしていかなければ、どんなに易しく解説されている英文法の本を読んでいたとしても、必ず行き詰まる...という事になります。

私自身が勉強をしている過程で本当に感じている事ですが、品詞の意味を理解する事をせず、

「不定冠詞 = a , an で 定冠詞 = the だよね」

というような、ある意味、覚えているだけの状態と比べて

不定冠詞 = 不定のものを指す際の冠だよね。冠だから、頭に(先に)来るって意味だよね。
定冠詞 = 決まったものを指す際の冠だよね。冠だから、頭に(先に)来るって意味だよね。

というように、品詞の意味を自分の言葉で説明できるレベルに理解ができている状態では、その後の英文法の勉強の理解力が全く違ってきます。

ですので、英文法の教材を読んでいて、何か新しい品詞が出てきたときは、
必ず「その品詞の日本語としての意味を理解する事!」を最優先としましょう。


これを無視してしまっていては、絶対に英文法が理解できる時が来ないのではないかと思います。この事を無視した状態で、問題がある程度解けるようになったとしても、単に数学の公式を覚えているようなもので、忘れやすいですし、思考の応用力という点では、確実に劣ります。

考えてみてください。

主語、動詞、目的語、補語、限定詞、接続詞、イディオム動詞、現在進行形、三人称単数、過去進行形...

まだまだ沢山ある、これらの品詞の意味を、「主語のときは、こういう単語が使われる、限定詞のときは、こういう単語が使われる...」というような、ただ覚えているだけの状態で、全てのパータンを覚えられるはずがありません。

たとえ、今読んでいる英文法の教材に、これらの品詞の意味が説明されておらず、理解ができないようであれば、ネットで検索して、ウィキペディアなどで調べてください。

イディオム動詞って?
イディオム動詞とは?
イディオム動詞 意味
イディオム動詞 解説

などの複合で検索をすれば、見つける事ができます。

ここでの説明がちょっと堅苦しい言葉で難しい(特にウィキペディア)であったとしても、
絶対にここで逃げずに、理解するようにしましょう。

まだ理解していない品詞が出てきた時点で、その英会話教材での勉強を一旦ストップしても良いです。
その位、これは重要な事だと思います。


ですので、このサイトにおいても、英文法で使われる品詞について、
解説するカテゴリを作っていこうと思います!

私の勉強の復習なども兼ねて書いていきますので、
私なりの解釈で、細かい間違いなどがあるかもしれません(^_^;)

あやしいと思ったら、他のサイトやウィキペディアでも調べてみてください(笑)

それでは、英文法理解の基礎の基礎の基礎、

「まずはそれぞれの品詞の意味を理解する事!」

を、これからしっかりとやっていきましょう!


※ちなみにまず 品詞 という言葉の意味がわからない方は こちら

>> 品詞とは?
 

>> あなたは初心者?上級を目指す中級者?
短期間で英語力が劇的にアップする英語教材!
管理人もこれでレベルアップしました(*^_^*)