英単語を暗記している 例文を覚えている だけでは英語は身に付かない!

◆英単語を暗記している 例文を覚えている だけでは英語は身に付かない!

私は社会人になってから英語の勉強をはじめたのですが、
まずとっかかりに何をはじめたかといえば、

・中学レベルの英単語を集めた暗記モノの書籍
・スピードラーニングなどの聞き流すだけ タイプのCD教材

からでした。

確かに、意味がわかる単語の数や、
日常会話において、こういうときはこう言うんだ!というような事は、
いくらか感覚的に身についたところがあります。

しかし、心の中ではこう感じていました。

「全く英語力が上達した気がしない...」

と(笑)

それというのもはやり、上記の勉強法で身に付いたものは、

・意味を暗記した単語
・こういう場面ではこういう言葉を使うんだ!と繰り返し聞いて覚えた

だけでした。

つまり、私の頭の中では、

「理解しているのではなく、ただ覚えているだけ」

という状態だったからですね。

もちろん、成長していないという事はないけれど、
自分の中で英語というものへの理解力が深まった気が全くしなかった...
という事の原因は、そこにあったわけです。

ですので、まるで歴史の年表でも覚えているようなもので、
自分自身の英語力が向上した!という意識が持てなかった事から、
勉強の面白味がなく、何度も何度も、途中で放り出していました(笑)

そういった挫折を何度も何度も繰り返しているうちに、

「こんな勉強方法を繰り返していても、また次も同じ理由で勉強が嫌になるのに決まっている...もはや覚悟を決めて、面倒だから避けてきた英文法の勉強をするしかない!!!」

というように思い立ちました。

そして、そこから、このサイトの中で紹介しているようなおすすめの勉強方法や英語教材に出会い、はじめて

「自分の英語力は確実にアップしていっている!」

という実感を持てるようになりました。

ですので、

「英語が話せるようになりたい...英字新聞や英語のウェブサイトを読んで、その意味がわかるようになりたい...」

という気持ちを持ちながらも、なんとなく、聞き流すけだけ系などの楽な英語の勉強法だけに逃げてしまっていた方は、ぜひ、この機会に意識を改めて、英文法をしっかりと学ぶ事をはじめてください。

そうすれば、聞き流すだけの英会話教材での勉強効率も、飛躍的にアップします。私は聞き流すタイプの英会話教材を否定しているわけではりません。両方やってこそはじめて、効率的な英語の勉強法であるという事を、自分のこれまでの挫折と失敗の経験から確信しているからです。

それではちょっと長くなってきましたので、次のページの

>>英文法を理解する事の必要性 英語学習の最優先の基礎工事

で、続きを書きたいと思います。