早朝の勉強の眠気覚ましにも音読が良い!

◆早朝の勉強の眠気覚ましにも音読が良い!

私は朝5時半から6時ぐらいに起きて、仕事に出かける前に英語の勉強をしているのですが、前日は12時ぐらいに眠って、6時間睡眠ぐらいはとっているものの、やはり仕事大手体や精神が疲れていたりすると、朝起きてすぐに勉強しようと思っても、なかなか頭が立ち上がってこなくて、結構な時間ぼーっとしてしまう…という事があります。

以前から、このような状態になってしまうのがものすごく非効率だなあ…というように考えていて、目覚ましにコーヒーやコーラを飲んだり、軽い運動してみたり…という事をいろいろ取り入れていたのですが、ここ最近になって、これは明らかに眠気覚ましに効果あり!という方法があったので、書いてみたいと思います。

それは特別、何か特殊なことをするというわけではなく、勉強の始めに、テキストを音読するところからはじめる!という事です。

最近読んだ何冊かの英語の学習方法の書籍に、最も効率の良い語学の勉強方法は音読だ!というような事が、書かれていて、私もなるべくそうやって行こう…というように思って実践していたところ、これが朝の目覚ましにものすごく良い!という事を実感しました。

最近購入したニンテンドーDSの、もっと脳を鍛える大人のDSトレーニングというゲームの中でも紹介されていましたが、音読をするという事は、脳を活発にするためにものすごく有効な方法で、黙読している事に比べて、脳のたくさんの部分が使われる!という事でした。

これについては、七田式の本などにもよく書かれている事ですし、語学だけではなく、どんな勉強方法であっても、とにかく音読をすることが、最高の勉強方法だ!というような事も、よく成功者の方が書いた自己啓発の本で見かけますから、これについては間違いない効果があるみたいですね。

まず私の場合は、朝起きて、新しいステップに進むのではなく、昨日やっていた勉強の復習…という感じで、昨日やっていた問題をコーヒーを片手に15分ぐらい音読するという事をします。
または、ニンテンドーDSの英語漬けで、耳で聞いて、手を動かして、音読して…という事をします。これをするだけで、ちょっとぼーっとしていたような感じから、一気に頭が冴えてきますから、本当に効率的ですね。


以前にも、ある資格試験の取得のために、朝5時に起きていた事があるのですけども、その時は、朝は30分から1時間ぐらいは眠いのがどうしようもない…というように諦めていたところがあったのですが、こんな簡単な方法で、こんなにスッキリ頭が晴れるとは、思ってもみませんでした。あの時にも気付いていればなあ…(笑)

もちろんこれは、朝の起きたばかりの時の勉強に限らず、夜仕事が終わって家に帰ってきて、そこから勉強する際にも、頭を勉強モードに整えるのに非常に有効かと思いますので、みなさんもぜひ試してみてくださいね!

音読の脳への影響や、その具体的な効果については、また私もいろいろと書籍を読んで研究してみますので、また「これはイイな!」というような発見があった時には、シェアしていきますね!
 

>> あなたは初心者?上級を目指す中級者?
短期間で英語力が劇的にアップする英語教材!
管理人もこれでレベルアップしました(*^_^*)