30分の仮眠で頭をすっきりさせてから勉強すべし!

忙しい仕事を抱えながら英語の勉強するビジネスマンにとっては、自分自身の毎日の時間の管理というのが本当に大切な問題です。

毎日同じように、同じ時間だけ働いて、同じ時刻に家に帰る…という事ができるような世の中ではほとんどないと思いますから、皆さんもそれぞれ、今日の夜は三時間ぐらい勉強したいと思っていたのに、残業で結局1時間ぐらいしか勉強ができなかった…というような事が、毎日のように発生していると思います。

私自身もそのような感じで、1日3時間は英語の勉強する!というように決めていても、なかなか毎日きっちりとそれを遂行するという事はできないでいます。

そのような状態ですので、とりあえず確保できた時間については、きっちりと集中して勉強したい!というように思うものですが、仕事で頭が疲れきってしまっていて、思うように集中できない…という事も結構ありますよね。

ビジネスマンの方などでは、すでに実践されている方も多いのではないのかな?というように思うのですが、頭が疲れてしまっている時というのは、30分以下の仮眠をとるというのが非常に効率的です。

例えば2時間という時間があったとして、勉強のスタート地点で頭が非常に疲れてしまっている…ストレスが溜まっている…というように感じたら、まず最初の30分を仮眠する事に使って、残りの1時間半を勉強に充てる…というのが、疲れたかも引きずったまま勉強する事に比べて、かなり効率的になります。

仮眠をするという習慣を持っていない方にとってみると、すぐに眠ることもできないし、また一度寝てしまったら、30分程度で起きることなんて絶対できないし、しかも、30分ぐらい寝たところで、全然疲れなんて取れるはずが無いじゃないか!という方が多いのですけども、これは実際に自分の身で体験されて見ると、全然そんなことではないという事をすぐにおわかりいただけると思います。

簡単な例で言うと、学校で給食を食べた後、昼からの授業でうたた寝をしてしまって、授業の終了のチャイムとともにビクンと目が覚めてみたら、何だかそこから異様に頭がスッキリしている(笑)というアレですよね。それと同じ原理です。

少ない時間の中で効率的に勉強して行こう…という事を考える場合には、自分の頭の疲れやストレスなども上手にマネジメントして、仮眠を有効活用する事によって、勉強の質を上げて行くことを考えましょうね!

>> あなたは初心者?上級を目指す中級者?
短期間で英語力が劇的にアップする英語教材!
管理人もこれでレベルアップしました(*^_^*)