英語での数字の数え方・読み方の解説

◆英語での数字の数え方・読み方の解説、説明

英語での数字の数え方がわからない~...という方へ。
英語での数の数え方・読み方をキッチリお勉強いたしましょう(^o^)

日本語の場合だと、すごく大きい単位のときはどうしても、1の位から、いちじゅうひゃくせんまんじゅうまんひゃくまん...とかって、一回頭の中で数えてから読む方が多いと思いますが、英語での数の読み方につては、日本語よりも合理的にできているというか、少なくとも億単位のような数字を「読む」場合には、英語の方が楽なくらいですので、現在、英語での数の数え方について苦手意識がある方も、一度正しく理解をしてしまえば「な~んだ、こんなに簡単なのか!」と感じられるのでは?と思います。

それでは、とりあえずお金の単位として考えれば、庶民には一生縁のなさそうな、Trillion (兆) という単位まで数えてみる事にして、読んでみましょう。

----------------------------------------

1,123,456,789,012

one terillion , one hundred twenty-three billion, four hundred fifty-six million, seven hundred eighty-nine thousand, and twelve.

1兆1234億5678万9012

日本語で読むと:いっちょうせんにひゃくさんじゅうよんおくごせんろっぴゃくななじゅうはちまんきゅうせんじゅうに

----------------------------------------


Trillion(兆), billion(10億),million(100万),thousand(千), hundred (百)

1兆1234億5678万9012

one Trillion(兆)
one hundred twenty-three billion, (10億)
four hundred fifty-six million, (100万)
seven hundred eighty-nine thousand, (千)
and twelve.

英語で読むと:ワンテリオン、ワンハンドレッドトゥエンティスリービリオン、フォーハンドレッドフィフティシックスミリオン、セブンハンドレッドエイティナインサウザンド、アンドトゥエルブ


と読む事になります。

英語では 123 というような百の位の3桁の読み方をベースとして考え、
その後に、

カンマ 1つのまでの桁なら、 数えたあとに thousand ,(千)と言う
カンマ 2つのまでの桁なら、
数えたあとに million, (100万)と言う
カンマ 3つのまでの桁なら、
数えたあとに billion, (10億)と言う

と考えれば良いわけですね!

これであれば、頭からスラスラ読めるという事を考えれば、日本語での数字の数え方よりも、何だか楽に数えられるような気がしますね!

3桁あるとすれば、まず、最初の数字を読んだ後、それに hundred ハンドレット を付けて読み、次の 2ケタ(10の位と1の位)をごく普通に読んで、最後に、そのカンマの個数に対応する、テリオン、ミリオン、サウザンド、などを付けて読む...という事で、簡単ですね!

英語の数の数え方に慣れる方法としては、まずは 980 などの、カンマ無しの百の位の数字を読む事に徹底的に慣れて、そこから、次は 1,980 , 14,800 , などのカンマが1つある単位の読み方に慣れ、その次は、カンマ2つある単位の読み方に慣れ...という事をしていけば良いと思います。

日本人の感覚では当たり前にある、1万、1億という単位を、一言で表す表現がない事になるのがちょっとややこしいですが、これは慣れてしまえばそれほど難しいものではないと思います。

ちなみに、1万、1億は下記です。

1万 = 10,000 ten thousand
1億 = 100,000,000 hundred million

慣れてしまえば本当に簡単ですから、自分でランダムに数を書き出して練習をすれば、すぐに英語での数字の数え方は身につくと思います!

 

>> あなたは初心者?上級を目指す中級者?
短期間で英語力が劇的にアップする英語教材!
管理人もこれでレベルアップしました(*^_^*)