英語で日記を書くこと かなり勉強になってます!

みなさんこんばんは!EIJIです。
しばらくご無沙汰になってしまいましたが、
皆さん、英語の勉強は進んでいらっしゃいますか~?(*^_^*)

私の方では、このサイトの更新は少し止まってしまっていたものの、英語の勉強についてはそれなりに毎日時間を使って継続できています。

今は、OZ先生に英語の勉強を指導していただいている過程で「英語で日記をつける事」を集中してやっています。

今のメインの勉強は、音読、書き取り、自分の日々の出来事を英語で書く事...という感じです。

やはり完全なる独学で勉強をしていた頃に比べて、週に一回のわずかな時間であっても、指導をしてもらえるという事は、かなり大きいと実感しています。それによって、勉強をする事も確実に習慣になっていきますからね~。

これは勉強の方法やビジネス書の仕事術なんかでもよく紹介されている事ですが「インプットするだけに終わらず、必ずアウトプットをする事が重要である。」という事について、ここ最近English Diaryを書いていて、本当にそう思いますね。

以前であれば、例えば「私は彼らと一緒に野球をするためにその公園に行きました」という事を英語にするのにも、1呼吸も2呼吸も必要だったのですが、今では「I went to the park to play baseball with them」というように、完全に即答ではないにしても、0.5呼吸くらいで答えられるようになっています(笑)

たとえばこのような簡単な日本語を英文にする作業というのも、テキスト等を見て「I went to the park to play baseball with them」という文章があれば、あ~ 野球をしに彼らと公園に行ったんだよね みたいなニュアンスはすぐに理解できるわけですが、「私は彼らと一緒に野球をするためにその公園に行きました」という日本語からそれをおこす作業というのは、全く違います。

ですので、多読などでそれなりに英文を読む事に強くなっている気がしている方も、アウトプットのトレーニングをしていない限り、本来目指している「英会話ができる」というレベルには、絶対に到達しないと思います。これは本当に重要なポイントだという事を、私も自分自身の過去の勉強方法を振り返ってみて強く思いますので、みなさんもぜひ「アウトプット重視!」の英語の勉強を続けてくださいね!

それでは、また~!(*^_^*)